サーモンのバルサミコソース

 
c0159243_21121258.jpg


 リクエストをもらったので、こちらにレシピを載せてみます☆
 
 最初にバルサミコに出会ったのは、大学時代、友達E子ちゃんのおうちで皆が集まって「スマップの料理対決」もどきでいろんな料理を作った時。砂糖をまぶしてしばらくおいてからつぶしたフレッシュないちごの上に、バニラアイスをのっけてバルサミコをちょこっとおとして食べる、、というデザートに感動!早速買おうとしたけど、バルサミコは今みたいにスーパーの棚に普通に並んではいなかったので、結構探した記憶が・・・。当時は結構高くて、学生のひとり暮らしが買うには、ちょっぴり勇気が要ったような記憶もあるなあ。
 それから、カプレーゼサラダに出会い、どんどんバルサミコの魅力にはまって、我が家の常備お酢のひとつになったのです。

 そして、最初にこのバルサミコソースを食べたのはどこだったかな~?
 ベトナム時代に、ヴェネティアに旅行した時、お気に入りで3日通い続けたレストランだったように思う。サーモンのハンバーグたるものの上にかかっていて、このコンビネーションがたまらなくて、早速帰って真似て作ってみた。お店で食べたときは、ハンバーグにしたサーモンがとても美味しかったのだけど、自分でいざ作るには、ソテーしただけの方がお手軽だし、美味しい。
 だんな様のリクエスト率がかなり高いお料理です。

 と、前置きが長くなりましたがレシピです。
 
 二人分。
 (材料)
 生サーモン 2切(皮付きでも皮なしでも)
 塩コショウ 適量(サーモン)
 強力粉(まぶし用) 適量
 オリーブオイル 大さじ2(焼く用)
 EXオリーブオイル 小さじ2
 ☆ソース☆ 
 バルサミコビネガー 大さじ 3
 お醤油 大さじ 1と1/2


 ミサラダ菜など添えるお野菜はお好みで
 
 ①ソースを作ります。バルサミコ酢としょうゆをフライパンに入れてとろみがつくまで煮詰めます。(鍋でもいいけど、底が広い方が早くに詰まるので、私はフライパンを使用)
 ②サーモンに塩コショウをしておく。ペーパーナプキンでしっかりと水分をふきとり、強力粉をつけて余分なのをはたいて、最初は強火で皮を下にしてパリっとサーモンを焼きます。
 ③お皿に盛り付けて、野菜を添えて、①のソースとEXオリーブオイルをまわしかけ出来上がり~♪
 びっくりするくらい簡単♪


 ☆コツ☆
 ☆私は、お客さんの時は直前の洗物を減らしたいので、ソースはあらかじめ作っておいて小瓶にいれておきます(フライパンにそのままおいておくと、余熱で更に煮詰まる恐れがあるのでご注意!)とろみ加減によっては、かたまることもあるけど、熱湯に小瓶ごとつけるか、1、2滴熱湯をいれるとすぐにゆるんでソースに戻るのでご心配なく。

 ☆トマトとこのバルサミコソースの相性がとてもいいので、是非トマトは添えることをお勧めします。あと、もう少し時間に余裕がある時は、熟れたアボガドをペーストにして添えると最高♪のコンビネーションです!
 我が家では、焼いたポテトや、ソテーしたキノコも一緒にお皿にのっける定番。
 でも、お客さんの時で、忙しいとミックスサラダ菜が彩りもよくて便利~♪

 ☆サーモンだけじゃなく、青魚(特に私はイワシが合うと思う)やイカエビホタテなど、豚肉、そしてチキンなんにでも合うソースなので、使えます。多めに作って小瓶にいれて冷蔵庫に保存しておいたら、10日くらいは十分大丈夫だと思います。

 ☆我が家では、「煮詰め用」と「サラダ用」と2種類のバルサミコを常備。
  煮詰め用は、お手ごろなものでも十分美味しく頂けます。

 と、とても簡単に、オシャレに見えるのでお試しああれ♪












 






 
[PR]
by naocchaldnx | 2008-01-21 21:12 | オシャレだけど楽チンレシピ


<< パースニップスのフライ Butternutsquash... >>